2016年08月17日

【蜻蛉玉源氏物語】 1帖「桐壺」〜3帖「空蝉」

東京南青山、ギャラリーカラニスでの個展も無事終了。
この度、ランプワークマガジン「LAMMAGA」で拙作の特集が組まれた36号が発刊となり、本当に嬉しい限りだ。特集として9ページにわたり全帖や拙文等が掲載されています。

ranngaga.jpg
http://www.lampwork-glass.com/product/1687

また、神戸とんぼ玉ミュージアムのwebショップでは拙作の注文受付も始まり、ありがたいことに早速のご注文をいただいた。
実は当方、わざわざ2か月待ってまでご注文下さる方はほとんどないであろうと、高を括っていただけに、本当に嬉しい誤算だ。
ご注文下さった方々にお礼申し上げます。
せっかくご注文いただいたのだから、自分なりに少しでも完成度の高いものを制作してお渡ししたいと思う、今日この頃である。

源氏ウェブ.jpg
http://lampwork-museum.ocnk.net/product-group/14

蜻蛉玉による源氏物語自体は、FBで少しずつアップしていっているが、それをブログでもご高覧いただければと思う。
FBでは諸事情で各帖の順番はバラバラにアップしていただが、ここらで仕切り直しをし、ここでは1帖から順にアップしなおしたいと思う。

本日は1帖から3帖までを掲載。

《一帖 桐壺(きりつぼ)》
光源氏誕生から十二歳までを一気に描く。幼くしてただならぬ聡明さと美しさを見せる源氏。
源氏物語 一帖 桐壺(きりつぼ).jpg


《二帖 帚木 (ははきぎ)》
「雨夜の品定め」 源氏一七歳。 長雨続く夜、若い男性四人が集まり、女性談議に花が咲く。
源氏物語2帖 帚木(ははきぎ).jpg
*梅雨の晩、20歳前後のイケメン4人が集まり、女性の話。
嫉妬深い女性や浮気な女性はあかん、とか、奥さんにするんやったら自分が浮気しても許してくれる人がいい、とか、やっぱ箱入り娘じゃなくて中流の女性がええわ、とか、わいわい好き勝手なことを言っている。
1000年前も今も、変わりませんなあ・・・。
雨の夜に4人が車座で、あれこれ話し込んでいる雰囲気が正方形?!


《三帖 空蝉(うつせみ)》
「生絹(すずし) なる単衣、すべり出で・・・」迫る源氏から、蝉の脱皮の如く抜け出す空蝉。
源氏物語3帖空蝉(うつせみ).jpg
*ウィキペディアより、
『空蝉(うつせみ)とは、
@この世に生きている人間。古語の「現人(うつしおみ)」が訛ったもの。転じて、生きている人間の世界、現世。うつそみ。
Aセミの抜け殻(またはセミそのもの)を指す、夏の季語。』
私達はうつせみ・・・。


もしご感想などお聞かせいただければ、この上ない喜びです。

posted by 田上惠美子 at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月07日

2016.8.7. 鋸山の石切り場のそぞろごと

学校の前期テスト採点も終了し、あちこち山積みの搬出物の片付けに手をつけねば・・・、と思いつつ、写真を眺める。
あ、そうだ、東京在廊後、自分へのご褒美!?に、千葉鋸山(のこぎりやま)に行ったんだった。

東京南青山での個展後、下の息子の下宿先に転がり込んだ翌日、以前から行ってみたかった鋸山へ単独行。
千葉から80分、JR内房線(な、なんと、途中から単線だ・・・)にのんびり揺られて、浜金谷到着。

その後ロープウェーで頂上へ。

P1060916.JPG

DSC_0065.jpg

江戸から昭和まで、房州石の切り出しが山頂から垂直におこなわれた結果、遠くから見ても、のこぎりのように見える山だ。

DSC_0062.jpg

DSC_0057.jpg

DSC_0064.jpg

人力恐るべし!!!

P1060954.JPG

P1060933.JPG

P1060946.JPG

途中に寄りたかった石切り場は結局ルートを取り間違え…。
ロープウェイでのぼる時も、ついつい海を見てしまい、気がつけば頂上到着で、結局一番見たかった石の切り出し場を見る事が出来ず・・・、とほほ・・・。
下の写真が、見損ねたところ・・・

13900104_280266419012396_1873550186448647525_n.jpg

13912902_280266159012422_2322587050137742364_n.jpg

ちゃんと下調べする時間がなく行ってしまったこと、反省しきり。
これはもう、リベンジするしかないっすわ!!!

あちこちを歩き回って結局サンダル徒歩で、隣の保田駅に下山。

P1060986.JPG

P1060987.JPG

13680279_280298262342545_3017626412117562969_o.jpg

P1060995.JPG

ひと気のない駅の近所に飲食店を一件発見。

DSC_0077.jpg

ホッと一息、蕎麦とビールを注文すると、つきだしは茹で落花生で、これが美味しい!
流石千葉っ!

P1070018.JPG

P1070019.JPG

posted by 田上惠美子 at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月13日

2016.7.13.「蜻蛉玉源氏物語」カラニス個展のそぞろごと

東京南青山グラスギャラリーカラニスさんでの個展。
次から次に沸いてくる搬入の諸準備、テキパキ働くドッペルゲンガー田上2号がいてくれたらな・・・
何とか送り出し終了し、さて翌日上京。

ギャラリーへは当方の方が先に到着し、ガラスがなぜか到着しない!と大焦り。
午後には到着し、怒涛の展示作業も何とか無事終了。

P1060761.JPG

P1060763.JPG

Mさん、Iさん、お疲れ様でした〜、そして、本当にありがとうございました!!

P1060847.JPG

P1060865.JPG

P1060803.JPG

初日は荒天、とほほ・・・。
そんな中、茶話会にお運びくだった方々には、なんとお礼を申し上げようか・・・。

P1060831.JPG

P1060895.JPG

P1060835.JPG

遠くから拙作をご覧いただくためにご足労下さった方々、蜻蛉玉談義はすごい盛り上がり様!!
これだけ思い入れを持って見て下さるのは、嬉しくもあり、また身の引き締まる思いでもあります。

P1060898.JPG

P1060903.JPG

P1060902.JPG

P1060838.JPG

初めてお顔を拝見するfacebookのお友達も、なんだか昔からの友人のようで、とても嬉しい。

P1060890.JPG

ガラス製作仲間の方々も多く来て下さり、あれやこれや制作談議に花が咲く至福のひと時。

P1060875.JPG

もう体力的に制作できないかもと考えていたコアガラス、少し展示させていただいたのですが、面白いと言ってくださる方々のお言葉に励まされて、もう少しだけ頑張ってみようかな、とも思いなおしました。

P1060863.JPG

在廊中は多くのお客様とお話しでき、実り多いひと時を過ごさせていただきました。
皆さん本当にありがとうございました!!

ご協力いただきました京真田紐江南さんの真田紐コモノも、一部売り切れで嬉しい悲鳴です。

P1060910.JPG

本日水曜日から後半あと4日、もしお近くをお通りの折はご高覧下さいませ。

P1060808.JPG
posted by 田上惠美子 at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月27日

2016.6.26.「蜻蛉玉による源氏物語54帖」とりあえず完成のそぞろごと@

10年前から細々と制作していた「蜻蛉玉による源氏物語54帖」が、何とか還暦中に完成しました〜!

「小さい蜻蛉玉を何とか大きめの作品としたい」「色々な技法(と言っても当方持ち駒が少ないですが・・・)をそれなりに駆使した作品群としたい」という気持ちから、何かいいテーマはないかと考え、無謀にも「ドラえもん紫式部」と「別冊太陽源氏物語」という2点の資料のみから制作し始めた、実に心許ない試み。

初めは「チャラい父子の浮いた話」(紫式部さん、ごめんなさいね・・・)と思って始めたが、さすがにこの2冊ではにっちもさっちも進まず(あたりまえや〜)、全く歯が立たない。
色々と調べているうちに、1000年前に書かれたこの長大な物語の中に、当時の文化、自然、景色、音色、香り、人々の感情や営みが盛り込まれていることが判り(遅いわ・・・)、千年にわたって多くの人が引き付けられた訳を、ちらりと垣間見た気がする。

製作はちょっと進んでは足踏みしているうちに、10年掛かってしまった(ノロノロし過ぎっ!)

今回は、54帖各帖に登場する印象的な情景を、蜻蛉玉の中に凝縮・縮小して表現する試み。
小さな物の中に、広がる風景を想像したり、もののあはれを感じたり、儚さを美しさと愛でる、という、日本人の美意識のほんの断片でも表現できればと思う。

少しずつfacebookと並行して、拙作をご紹介します。


《源氏物語20帖 朝顔(あさがお)》
雪の降り積もった月夜、光源氏は庭で雪転がしをして遊ぶ女童達を眺める。
源氏物語20帖 朝顔(あさがお).jpg


《源氏物語33帖 藤裏葉(ふじのうらば)》
宴の折、夕霧の盃に藤の花房が差し出され、雲居雁との結婚が許される。
源氏物語33帖 藤裏葉(ふじのうらば).jpg


《源氏物語26帖 常夏(とこなつ)》
暑い夏の日、池を臨む釣殿で、源氏と息子の夕霧、内大臣の息子らが涼んで歓談する。
源氏物語26帖 常夏(とこなつ).jpg

実物に興味を持っていただいた方は「蜻蛉羽通信」をご参照していただき、拙作個展現地でご高覧頂ければ嬉しいです〜
posted by 田上惠美子 at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月01日

2016.5.31.着物コモノのそぞろごと

突然だが、ここ数年マイブームは着物である。
着物の魅力は深く、50歳を過ぎたら自分で着物を着て個展会場で在廊したい、と思うようになった。

10回で自力で着られる教室に参加して何とか着られるようになったものの、バセドウ病を得て、着付け時に猛烈な発汗+頻脈という状態に陥り一年。
アイソトープ服薬治療で甲状腺を被ばくさせて甲状腺機能低下症で落ち着いたものの、今度は甲状腺眼症発症で入退院を繰り返し、暫く着ない間に元の木阿弥・・・
結局また一人では着られなくなってしまった、とほほ・・・。

しかし着られないからこそか、返って着物や和コモノへの妄想(?!)は強くなり、ああでもないこうでもないと帯留や帯飾りを試作しまくった。

DSC02749.JPG

DSC02777.JPG

羽織紐”天窓”.jpg

帯留め”小市松”.jpg

DSC_4528.jpg

お陰様でマイブームと同期するように書籍掲載やお店からも、お声掛けいただくようになった。
ありがたいことである。

201605もとじ夏のコモノ展.jpg

気がつけば60歳である。
せめてゆかたでも何とかもう一度自分で着てみたい。
このほど着物スタイリストの秋月洋子さんが拙作を数点セレクトして下さった。
大変光栄なことである。

51tYyVe46JL.jpg

自宅でひしめいている一軍に上がれない帯留の中から自分で身に付けようかと思うものの、やはり夏の着物を涼しげに着こなすには着付けの腕が足りなさすぎ・・・
返って周囲の人に暑苦しさを振りまいてしまいそうで、躊躇するのである・・・
posted by 田上惠美子 at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする