2017年05月04日

2017.5.3. 第22回NHKハート展のそぞろごと

昨秋のある日突然、NHKさまから連絡を頂いた。
今回で22回目を迎える「NHKハート展」、障害と共に生きる方がつづった詩を、ハートを基本のモチーフにして作品を制作するという試みに、作画者として制作してほしいとのこと。

選考基準は謎?!だが、作画者は驚くほどバリエーションに富んだ素晴らしくも面白い方々。
担当の方に「私でいいんですか?」と聞くもOKとのこと、ありがたくお引き受けさせていただいた。

全国から3600余りの詩が寄せられ、その中から50作品が選出され、それぞれの詩は、50人の作画者にゆだねられ、50篇の詩とそれに合わせた50の平面や立体の作品が制作される。

当方が担当させていただいた詩は下記。
聴覚障害と共に生きる8歳犬塚美菜子ちゃんの、とっても可愛らしく素直な詩「すきなもの」

「すきなもの」

わたしのすきなもの
あまいチョコレート
つめたいアイス
おいしいブドウ
ステキなドレス
あったかいホットケーキ
ひやしたスイカ
ひっさんだいすきさんすう
こねこねねんど
おるおりがみ

                      第22回NHKハート展 HPより引用

当方、言語聴覚士として脳血管障害や神経筋難病の成人の言語障害や嚥下障害の方々と並走させて頂いてはいますが、子供さんとはほとんどお付き合いがなく・・・。
視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚の5感の中の聴覚を補って、その他の感覚を鋭く生活していくことについて、イメージしつつ、制作してみた。

はじめはどれも具象的に作ろうとして、ああでもないこうでもないと、楽しく試行錯誤。
例えばフリルのついたドレス・裾広がりのドレス、等、へんちくりんなドレスを十数着、丸のままのスイカ、半分に切ったスイカ、八等分にした種付きスイカなど全然おいしくなさそなスイカを十数個、等々、制作したところで、この制作方向はやっぱり私には向いていないと判りましたわ。
結局、実物から相当飛躍した?!いつものデザインに戻り、美菜子ちゃんの好きなものとハートを、ネックレスと指輪にしてみた。

sakuga-04.jpg


アクセサリーの組み立ては、いつもお世話になっている津田美砂さんにお願いした。
さてさて、@チョコAアイスBブドウCドレスDホットケーキEスイカFさんすうGねんどH折り紙、それぞれがネックレスや指輪のどの玉か、ガッテン!していただけるとよいのだが・・・。

正解の方には賞品!・・・はありませんが・・・

展覧会の全作品は当方もまだ図録でしか拝見していないが、とても心温まる50篇の詩と50の作品群のよう!

GWの東京を皮切りに、今年度一年かけて全国を巡回する予定。
近くで開催の折は、お運びいただけると幸甚です。

作画者や巡回場所など詳しくはこちら↓
NHKハート展
作品一覧:http://www.nhk-sc.or.jp/heart-pj/art/heart/works/index.html
巡回スケジュール:http://www.nhk-sc.or.jp/heart-pj/art/heart/schedule.html

facebook : https://www.facebook.com/profile.php?id=100010871209248
instagram : https://www.instagram.com/emiko_tanoue/?hl=ja 
posted by 田上惠美子 at 02:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック