2016年08月26日

【蜻蛉玉源氏物語】 4帖「夕顔」〜6帖「末摘花」

バタバタしているうちに、8月も末。
9月は14日から19日まで、大阪箕面市の天善堂ギャラリーで拙作個展を開催予定。
http://glassemiko.seesaa.net/article/441353732.html
源氏物語もフル出場です。
お近くをお通りの折は、ご高覧頂ければ幸いです。

《四帖 夕顔(ゆうがお)》
夕顔との逢瀬の宵過ぎ、美しい女の幻が枕元に現れ、恨み言を言うと、ふっと姿を消した。
玉サイズ:22o×19o 穴径:4o
源氏物語4帖 夕顔(ゆうがお).jpg
*六条御息所に興味を失った源氏は、夕顔のもとに通うようになる。夜半に枕元に美しい女人(六条御息所?)の幻が現れ、尋ねてこない源氏への恨み言を言って消えた後、夕顔は突然息絶える・・・。
おお、こわ・・・。
夏の夜にふさわしい、怖〜い帖でした。


《五帖 若紫 (わかむらさき)》
籠から逃げた雀を追って軒先に姿を見せた幼く小柄な美少女、紫の上。
玉サイズ:11o×11o×11o 穴径:2.5o
源氏物語5帖若紫(わかむらさき).jpg
 

《六帖 末摘花(すえつむはな)》
よく顔も見ず一夜を過ごした末摘花は、赤く長い鼻で美しいとは言い難い。
玉サイズ:18o×16o×16o  穴径:4o
源氏物語6帖 末摘花(すえつむはな).jpg
*帖名でもあり登場人物名でもある、末摘花。
源氏物語では異色の不美人。
「一夜を共にした後、その顔を見た源氏は、象のように垂れ下がった鼻の先が赤い、その顔の醜さに仰天する…」って、あんまりやないですかっ!
おばさんはおこるよっ!!
でも深窓の令嬢で頑固実直で純真そのものの性格、源氏も結局はほっておけなくなる・・・って、源氏もそこそこいい奴ですなあ!?
ということで、今回の玉は末摘花ご本人に対する当方の勝手なイメージでした。


posted by 田上惠美子 at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック