2016年06月27日

2016.6.26.「蜻蛉玉による源氏物語54帖」とりあえず完成のそぞろごと@

10年前から細々と制作していた「蜻蛉玉による源氏物語54帖」が、何とか還暦中に完成しました〜!

「小さい蜻蛉玉を何とか大きめの作品としたい」「色々な技法(と言っても当方持ち駒が少ないですが・・・)をそれなりに駆使した作品群としたい」という気持ちから、何かいいテーマはないかと考え、無謀にも「ドラえもん紫式部」と「別冊太陽源氏物語」という2点の資料のみから制作し始めた、実に心許ない試み。

初めは「チャラい父子の浮いた話」(紫式部さん、ごめんなさいね・・・)と思って始めたが、さすがにこの2冊ではにっちもさっちも進まず(あたりまえや〜)、全く歯が立たない。
色々と調べているうちに、1000年前に書かれたこの長大な物語の中に、当時の文化、自然、景色、音色、香り、人々の感情や営みが盛り込まれていることが判り(遅いわ・・・)、千年にわたって多くの人が引き付けられた訳を、ちらりと垣間見た気がする。

製作はちょっと進んでは足踏みしているうちに、10年掛かってしまった(ノロノロし過ぎっ!)

今回は、54帖各帖に登場する印象的な情景を、蜻蛉玉の中に凝縮・縮小して表現する試み。
小さな物の中に、広がる風景を想像したり、もののあはれを感じたり、儚さを美しさと愛でる、という、日本人の美意識のほんの断片でも表現できればと思う。

少しずつfacebookと並行して、拙作をご紹介します。


《源氏物語20帖 朝顔(あさがお)》
雪の降り積もった月夜、光源氏は庭で雪転がしをして遊ぶ女童達を眺める。
源氏物語20帖 朝顔(あさがお).jpg


《源氏物語33帖 藤裏葉(ふじのうらば)》
宴の折、夕霧の盃に藤の花房が差し出され、雲居雁との結婚が許される。
源氏物語33帖 藤裏葉(ふじのうらば).jpg


《源氏物語26帖 常夏(とこなつ)》
暑い夏の日、池を臨む釣殿で、源氏と息子の夕霧、内大臣の息子らが涼んで歓談する。
源氏物語26帖 常夏(とこなつ).jpg

実物に興味を持っていただいた方は「蜻蛉羽通信」をご参照していただき、拙作個展現地でご高覧頂ければ嬉しいです〜
posted by 田上惠美子 at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/439434077

この記事へのトラックバック